地方創生 > 施策等 > 地域経済分析システム(RESAS(リーサス)) > RESAS「地域経済循環マップ」の分析事例等について

「地域経済循環マップ」の分析事例等について

RESAS「地域経済循環マップ」に関する分析事例等をこちらで公表いたします。


最終更新日:平成29年7月26日

地域経済循環分析用データ等の分析・解説と分析書式(雛形)

⇒地域経済循環分析の分かり易い分析・解説と、地域経済循環分析用データ等を効果的に使いながら、誰もが容易に作成できる地域経済循環の分析書式(雛形)
 【第Ⅰ編PDF】 【第Ⅰ編補足PDF】

地域経済循環分析の例

⇒東北経済産業局と関東経済産業局の協力の下、上記の分析書式(雛形)を下記自治体に適用。分析書式(雛形)を適用した上で、詳細分析と対策の検討も併せて行った。

青森県 八戸市【PDF】
五所川原市【PDF】
茨城県 日立市【PDF】 新潟県 新潟市【PDF】
十日町市【PDF】
燕市【PDF】
岩手県 盛岡市【PDF】
一関市・平泉町地域【PDF】
金ケ崎町【PDF】
栃木県 宇都宮市【PDF】
大田原市【PDF】
山梨県 大月市【PDF】
宮城県 富谷市【PDF】 群馬県 桐生市【PDF】
太田市【PDF】
長野県 長野市【PDF】
飯田市【PDF】
駒ケ根市【PDF】
軽井沢町 【PDF】
山ノ内町【PDF】
飯綱町【PDF】
秋田県 由利本荘市【PDF】 埼玉県 秩父市【PDF】
越谷市【PDF】
山形県 米沢市【PDF】
庄内町【PDF】
千葉県 香取市【PDF】
福島県 郡山市【PDF】 神奈川県 箱根町【PDF】 静岡県 富士市【PDF】

 

基礎自治体レベルでのより精度の高い地域産業連関表の作成に係る手引き

⇒地域経済循環分析用データは、国民経済計算や都道府県のデータ等を基に作成したノン・サーベイのデータであるところ、基礎自治体(市町村)自らが、調達・販売・投資の域外との取引(移輸出入)について事業者への調査を実施し、その結果を踏まえた、より精度の高い地域産業連関表を作成しようとする際に、手引書として活用できるよう、手順等をマニュアル化。
【PDF】

RESAS「地域経済循環マップ」のデータ更新について

2017.7.26 2013年度のデータを新たに追加し、生産分析メニューの表示産業分類を22分類から39分類へ細分化。
産業分類細分化イメージ図
⇒詳細はこちら
※地域経済循環分析に関する参考ページ
 ⇒環境省HP