地方創生 > 地方創生SDGs・「環境未来都市」構想・広域連携SDGsモデル事業

地方創生SDGs・「環境未来都市」構想・広域連携SDGsモデル事業

地方創生SDGs

 持続可能なまちづくりや地域活性化に向けた取組の推進に当たり、SDGsの理念を取り込むことで、 政策の全体最適化、地域課題解決の加速化という相乗効果が期待できるため、 SDGsを原動力とした地方創生(地方創生SDGs)を推進しています。
 内閣府では、地方創生SDGsの推進に当たり、

  • 「SDGs未来都市」、「自治体SDGsモデル事業」の選定
  • 「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」の運営
  • 「地方創生SDGs金融」の推進

などに取組んでいます。


取組紹介

※2ページごとに集約印刷し、冊子上にしてご活用ください。


SDGsとは

 持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、 2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール、169のターゲットが設定されるとともに、進捗状況を測るための約230の指標(達成度を測定するための評価尺度)が提示されています。

SDGs

SDGs未来都市・自治体SDGsモデル事業・広域連携SDGsモデル事業

 地方創生SDGsの達成に向け、優れたSDGsの取組を提案する地方自治体を「SDGs未来都市」として選定し、その中で特に優れた先導的な取組を「自治体SDGsモデル事業」として選定して支援し、成功事例の普及を促進しています。


SDGs未来都市所在地

futuresitymap

提案募集・選定・評価


会議・検討会等