地方創生 >  施策 > デジタル田園都市国家構想交付金

デジタル田園都市国家構想交付金

■ 概要


■ R4補正・R5当初の採択結果


■ 各タイプ・事業の詳細


デジタル技術を活用し、地方の活性化や行政・公的サービスの高度化・効率化を推進するため、デジタル実装に必要な経費などを支援。
観光や農林水産業の振興等の地方創生に資する取組など(主にソフト事業)を支援。
観光や農林水産業の振興等の地方創生に資する取組など(主にハード事業)を支援。
半導体等の戦略分野に関する国家プロジェクトの生産拠点の整備に際し、必要となる関連インフラの整備を支援。
省庁の所管を超える2種類以上の施設(道・汚水処理施設・港)の一体的な整備を支援。(地方創生整備推進型)
市町村が、UIJターンによる①地方での起業・就業者や、②テレワークによる転職なき移住者等に対し、移住支援金(最大100万円)や起業支援金(最大200万円)を支給する場合、当該経費の1/2を支援。(移住・起業・就業型)
現在職に就いていない女性・高齢者等の新規就業の促進等を目的として、都道府県が官民連携プラットフォームを形成して実施する取組を支援。(移住・起業・就業型)
地域企業に対し、経営課題解決等に資するデジタル人材等のマッチングを支援。(プロフェッショナル人材事業型)