本文へジャンプ
2024年度地方創生テレワークアワード(地方創生担当大臣賞)
2024年度地方創生テレワークアワード(地方創生担当大臣賞)

※エントリー締切を2024年7月19日に延長しました。

地方創生テレワークアワード(地方創生担当大臣賞)とは

内閣府では「地方創生テレワーク」を推進しており、優れた取組を表彰・周知するため、候補となる企業・団体・自治体を募集しています。また、企業・団体が自治体と密に連携した取組については、「連携パートナー賞」として自治体も共に表彰します。

対象:「地方創生テレワーク」に取り組む企業・団体、または企業等の「地方創生テレワーク」を促すことに取り組む企業・団体・自治体

地方創生テレワーク:地方の課題解決(人口流出、雇用者数の減少、その他地域が抱える経済・社会的な課題)及び自社等の経営課題解決の双方に資する地方での「テレワーク」(サテライトオフィスの設置、地方でのワーケーション、リモートワークの実施等)のこと。

応募要項応募フォーム(Excel版)

エントリー方法

自社等の取り組む内容が最も当てはまる項目を以下3部門より選択の上、エントリーしてください。

部門(1)

「地域課題解決プロジェクト参画」部門

対象

「地方創生テレワーク」の取組のうち、特に地方の地域課題解決に資する優れた取組(地方課題解決プロジェクト)を実施した企業・団体

部門(1) エントリー受付中
(外部サイト)

部門(2)

「離職防止、地方人材の採用・育成、ワーケーション推進」部門

対象

「地方創生テレワーク」の取組のうち、特に自社・自団体の経営課題解決に資する優れた取組(離職防止、地方人材の採用・育成、ワーケーションの推進等)を実施した企業・団体

部門(2) エントリー受付中
(外部サイト)

部門(3)

「地方創生テレワーク促進支援」部門

対象

企業等の「地方創生テレワーク」の促進に資する優れた取組(地域における企業等の地方創生テレワーク実施環境整備等)を実施する企業・団体・自治体

部門(3) エントリー受付中
(外部サイト)

スケジュール

エントリー締切 2024年7月5日(金) 表彰式 2024年11月25日(月)(予定)

※エントリー締切を2024年7月19日に延長しました。

表彰式について

表彰式は、テレワーク月間の一環として11月25日に御茶ノ水ソラシティ(東京都千代田区)で開催される「『働く、を変える』テレワークイベント」※1の中で行い、 総務大臣賞及び厚生労働大臣賞の表彰式と合同で実施します。また、受賞企業による取組紹介も行います。 ※1テレワークを推進する内閣府、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省の共同主催によるイベントです。

総務省
テレワークトップランナー2024

概要

総務省は、テレワークの活用による経営効果の発揮等、テレワークの導入・活用に関する特色ある優れた取組を行っている企業・団体を「テレワークトップランナー2024」として選定・公表し、 特に優れた取組を「テレワークトップランナー2024 総務大臣賞」として表彰します。大臣賞受賞企業・団体の取組はメディア等でも発信予定ですので、ぜひご応募ください。
募集期間:6月3日(月)~7月31日(水)
詳細の確認や応募は以下の「テレワーク月間」ウェブサイトをご確認ください。

https://teleworkgekkan.go.jp/

厚生労働省
テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰
(輝くテレワーク賞)

概要

厚生労働省ではテレワークの活用によって、労働者のワーク・ライフ・バランスの実現を図り、他社の模範となる取組を行っている企業や団体に厚生労働大臣表彰「輝くテレワーク賞」を実施するとともに広報を行っており、令和6年度の候補となる企業・団体を募集しています。
募集期間:6月3日(月)~7月31日(水)
詳細の確認や応募は以下の特設サイトからお願いいたします。

https://kagayakutelework.jp/award/

令和5年度地方創生テレワーク
アワード受賞企業・団体事例

表彰問い合わせ窓口

「地方創生テレワークアワード」への応募に当たり、ご不明点がございましたら、応募要項内に記載の「お問合せ先」までご連絡ください。

当サイトを使用することにより、クッキーの設定および使用に同意したことになります。 詳細については、プライバシーポリシーを参照してください。

ページトップへ