本文へジャンプ

働き手

働き手の方へ

テレワークの普及により、ワーク・ライフ・バランスの向上、多様なライフスタイルの実現ができると言われています。 その理由の1つが、「働く場所」「住む場所」の自由。 地元に帰る。 ワーケーションで旅をしながら仕事をする。 自然豊かな場所と二拠点居住をはじめてみる。 いつか住みたかった場所へ移住する。 思い描いていた働き方、そして生き方を叶えるのが 「地方創生テレワーク」です。 はじめる人、増えています。 あなたもはじめませんか?

施策一覧

・掲載の内容は、令和4年7月25日時点での情報です。
・最新の情報は、リンクの詳細ボタンからご確認ください。

カテゴリ 担当省庁 概要 リンク
地方創生テレワーク・地方移住のメリット創出 内閣府

地域みらい留学

相談 情報提供 セミナー・イベント

【概要】
高校の存続が危ぶまれる自治体が、高校を核とした地域活性化に取組む際の選択肢の一つ「地域留学」。全国から生徒が集まる魅力化を通じ、将来的な地域の担い手の育成・確保とともに、関係人口の創出・拡大や移住へつなげる。
自治体が高校やコンソーシアムと共に作成する計画が、効果が見込まれるものであれば、コーディネーターの配置や寮の整備などの必要経費に、年間最大1千万円程度の補助を行う。(5年後には自走を想定) この「地域みらい留学365」は高校2年生の1年間が対象であり、本年度は全国16校が実施。生徒の募集や生徒間・学校間の交流、事例の共有を図るためのイベントも、内閣府と地域・教育魅力化PFが共催。

【補足・スケジュールなど】
留学説明会 6/19、7/24
合同学校説明会 7/10、8/7
(生徒と保護者が対象。オンライン)

留学生公募開始 10月頃
※補助事業に係る今年度の公募は終了

詳細(外部サイト)
地方創生テレワーク・地方移住のメリット創出 内閣府

地方創生カレッジ

情報提供 セミナー・イベント

デジタル人材を含む地方創生の本格的な事業展開に必要な人材を育成・確保するため、eラーニング講座で実践的な知識を提供するほか、地方創生に取り組む各地の実践事例等を紹介しています。講座『「働き方」の変容とリモートワークの可能性~地方と都市をつなぐワークスタイル改革~』では、「働き方改革」や「デジタルトランスフォーメーション」を正しく理解し、そのことが今後の地方創生などに与える効果を学べます。

詳細(外部サイト)

NEWS

ALL 2021.07.06 地方創生テレワークのwebサイトを開設しました。
当サイトを使用することにより、クッキーの設定および使用に同意したことになります。 詳細については、プライバシーポリシーを参照してください。

ページトップへ