地方創生 > 未来技術社会実装

未来技術社会実装

AI・IoT、自動運転、準天頂衛星、5Gなどの未来技術や科学技術研究の成果等、最新の知見等を活用し、産業の生産性向上やインバウンド観光への対応、公共交通の維持・改善、住民の健康保持、子育て支援や未来を担う人材の育成等、様々な課題を解決し、地方創生に繋げていくことは極めて重要です。
 第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略(2020改訂版・令和2年12月21日閣議決定)」においても、「各々の地域特性に応じて、未来技術を有効に活用し、DX を進めることで、地域が抱える課題を解決するだけでなく、モノやサービスの生産性や利便性を飛躍的に高め、産業や生活等の質を大きく変化させ、地域の魅力を向上させることが期待される。」と位置付けられているところです。
 未来技術や戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)、革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)等の最新の成果等を活用した地方創生に関する提案を地方公共団体から募集し、優れた取り組みについて関係府省庁が総合的に支援することとしております。

未来技術社会実装事業選定事業一覧

未来技術動画

事例集・調査レポート

会議開催状況等

募集・選定・継続

地方公共団体からの提案募集について

選定について

事業の継続について

その他の情報