当サイトを使用することにより、クッキーの設定および使用に同意したことになります。 詳細については、プライバシーポリシーを参照してください。
内閣官房・内閣府総合サイト 地方創生
COLUMN移住に関するコラム

フリーランスが地方移住するメリット・デメリット

フリーランスが地方移住するメリット・デメリット

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会(フリーランス協会)で地方創生プロジェクトにも携わっている児玉真悠子さんに、フリーランスが地方移住するメリット・デメリットについてお聞きしました。

フリーランスだからこそできる働き方

「最近は、『人生を充実させるために趣味嗜好に合う暮らしをしたい』、『親の介護のため実家の近くに住みたい』、『自然豊かな環境で子育てしたい』など、仕事より生活に重点を置く人が多いと感じます。企業と雇用契約を結ぶ会社員は、転勤や出向はあるものの、自由に働く場所を選択するのは難しいですが、フリーランスは、拠点を変えても顧客をつかむことができれば、自分の得意分野を活かせる仕事を継続し、仕事の幅を広げることも可能かもしれません」と児玉さん。

フリーランス(個人事業主)は、職種も収入もさまざま。働き方も異なり、企業や団体、個人と業務委託契約準委任契約を交わす「独立系フリーランス」や、企業と雇用契約を結びながら他の企業の業務も請け負う「副業・兼業系フリーランス」などがあります。

フリーランス協会が発表した『フリーランス白書2023』において、フリーランス実態調査では、アンケート回答者全体の約6割が、クリエイター系、エンジニア系、コンサルティング系、出版メディア系の職種であると回答しています。リモートワークに関しては、コロナ禍より前と比べリモートワークでのフリーランス業務が増えたかという問いに対し、回答者の62.0%が「強く同意する」「同意する」と回答。

リモートワークの普及が働き方に変化をもたらし、「発注企業の所在地を気にしなくなった」、「ワークライフバランスをとりやすくなった」、「より多くの仕事の発注をとりやすくなった」、「スキルアップや学びの機会が増えた」という4つの設問に「強く同意する」・「同意する」とポジティブな回答をした人が約5~6割いることがわかります。また、既存のクライアントとの関係構築や仕事の負荷・ストレスの面では、リモートワークの悪影響は限定的であると分析しています。

地方との距離が近くなるフリーランス
(出典)一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書2023」をもとに作成

リモートワークで都心部の仕事を地方の拠点で継続して行うだけでなく、地方に住むクライアントの依頼で出張するなど、フリーランスの働き方において、地方との関わり方はさまざまです。「クライアントが地方にいるという理由で、移住ではなく、二拠点生活や1週間~半月ごとに拠点を移動するスタイルの人もいます。私の周りの人で言えば、鍼灸師、セラピスト、美容師などの職業の人です。フリーランスは完全に移住するより、『ゆるやかな移住』として二拠点生活やワーケーションを実践されている方が多い印象です」

多くのフリーランスが抱える課題のひとつである「仕事の幅をいかに広げるか」という点においても、地方に目を向ける人が増えているようです。
「首都圏に拠点を置くクライアントだけではなく、自分が興味のある地域に通い、その土地の人と新たに関係を構築して仕事につなげられるというのは、働く場所が限定されている会社員と違って、フリーランスだからこそできる働き方だと思います。フリーランスは自分で仕事の幅をいくらでも広げられるのが面白いですね」

一方で、「地方では社外に仕事を依頼する文化が少なく、なかなか仕事に結びつかないかもしれません。でも、地域の方々の御用聞きに徹していたら、仕事が舞い込んできたという話も聞きます。ただ、都市部よりも信頼関係を築くのに時間がかかるのは覚悟しておいたほうがいいとは思います」。

まずは、その土地で暮らすイメージを

移住先を決める時は、具体的に自分がそこで暮らしていくイメージができるかが大事です。
「すぐに移住先を決めようと思わず、お気に入りの場所に長期滞在したり、あえて複数の拠点で活動したりした上で、横のつながりが濃い場所に移住を決めるのが良いかもしれません。フリーランスが移住先を決める1番のポイントは、『人』です。現地の人と仲良くなると、そこで暮らすイメージが具体的に湧いてきます。フリーランスには、『こういう暮らしをしたい』と思った時にすぐ行動できるフットワークの軽さがあるので、自分の仕事の幅を広げていく過程で、気づいたら移住していたということもありえます」

情報収集と自己ブランディングが大事

フリーランスが地方移住した後の課題として、「同業種の仲間が少ないと業界情報をアップデートできず、情報に疎くなってしまうこともあります。首都圏と比べると、地方ではフリーランスと出会う機会が少なく、仲間と情報交換がしづらいというデメリットがあります。だからこそ、フリーランス協会では、フリーランス同士のネットワークをつなげていくため、『スナック曲がり角』という交流会を開催しています。都市部から地方に移住することは、都市と地方の両方の視点を持つ利点もあります。積極的に情報収集に努めることは大切です」。

では、フリーランスが首都圏外や地方で仕事をする上で大事なことは何でしょう?「移住先では、移住経験を強みの1つと捉えて、仕事を獲得するために自分をブランディングしていくことが重要ですね」

自らの経験・スキルと、人とのつながりを生かし、仕事の幅を広げていくフリーランス。新しい土地での出会いから世界は広がっていくかも知れません。

(2024年3月作成)



この記事をシェアする

COLUMN移住に関するコラム

地方移住イベントに参加してみよう!

地方移住イベントに参加してみよう!

古民家暮らしの楽しみ方

古民家暮らしの楽しみ方

やさしく解説!地方拠点強化税制について

やさしく解説!地方拠点強化税制について

移住が気になったら、まずは「お試し移住」体験!

移住が気になったら、まずは「お試し移住」体験!

フリーランスが地方移住するメリット・デメリット

フリーランスが地方移住するメリット・デメリット

東京圏の大学生のみなさんへ!地元やお気に入りの地域へ就職しませんか?-地方就職学生支援制度について解説-

東京圏の大学生のみなさんへ!地元やお気に入りの地域へ就職しませんか?-地方就職学生支援制度について解説-

子どもたちの好奇心を育む「ふるさとホームステイ」とは

子どもたちの好奇心を育む「ふるさとホームステイ」とは

地方移住希望者がイメージするウェルビーイングな暮らしとは

地方移住希望者がイメージするウェルビーイングな暮らしとは

働き方、ライフスタイルの多様化が「人口移動」に変化をもたらす

働き方、ライフスタイルの多様化が「人口移動」に変化をもたらす

いろいろあります!移住に関する支援制度

いろいろあります!移住に関する支援制度

地方移住する若年層の意識を読み解く

地方移住する若年層の意識を読み解く

「お手伝い旅」で地域を体感! 地方移住のきっかけに

「お手伝い旅」で地域を体感! 地方移住のきっかけに

移住で失敗しないためのヒント-東京からUターンしたファイナンシャルプランナーが語る-

移住で失敗しないためのヒント-東京からUターンしたファイナンシャルプランナーが語る-

全国どこでも誰もが便利で快適に暮らせる社会を目指して

全国どこでも誰もが便利で快適に暮らせる社会を目指して

「奨学金の返還を肩代わりして、地方の未来を担う若者を応援する」制度(奨学金返還支援制度)を活用しよう

「奨学金の返還を肩代わりして、地方の未来を担う若者を応援する」制度(奨学金返還支援制度)を活用しよう

「ワーケーション」体験者が語る、そのポイントとは

「ワーケーション」体験者が語る、そのポイントとは

子育て世代の地方移住、事前に調べておきたい移住先の情報は?

子育て世代の地方移住、事前に調べておきたい移住先の情報は?

始める人への支援が充実、幅広い農業の多様な働き方

始める人への支援が充実、幅広い農業の多様な働き方

「移住体験ツアー」の醍醐味は地域の人とその生活に触れること

「移住体験ツアー」の醍醐味は地域の人とその生活に触れること

転職しないで移住可能にする「テレワーク」都心へのアクセス重視かテレワークに適した環境か

転職しないで移住可能にする「テレワーク」都心へのアクセス重視かテレワークに適した環境か

ポストコロナ禍の移住、ポイントは「ライフスタイルを変える移住」か「変えない移住」か

ポストコロナ禍の移住、ポイントは「ライフスタイルを変える移住」か「変えない移住」か

「移住」に興味を持ったなら・・一度は覗いてみたい、移住の相談センター

「移住」に興味を持ったなら・・一度は覗いてみたい、移住の相談センター

知らないと損する支援金制度

知らないと損する支援金制度

実際に地方に移り住んで感じた魅力とは?

実際に地方に移り住んで感じた魅力とは?

今、注目されている「関係人口」って何?

今、注目されている「関係人口」って何?

テレワークの活用により地方移住が進展

テレワークの活用により地方移住が進展

デジタルトランスフォーメーションで地方が変わる

デジタルトランスフォーメーションで地方が変わる

地方創生はなぜ必要なのか?

地方創生はなぜ必要なのか?

地方でSDGsが進んでいる?

地方でSDGsが進んでいる?

新型コロナウイルス感染症下において東京都の転出超過が続く

新型コロナウイルス感染症下において東京都の転出超過が続く

「地方暮らし」に5割が関心

「地方暮らし」に5割が関心

コロナウイルス感染拡大で、「地方移住」「テレワーク」への関心が高まる

コロナウイルス感染拡大で、「地方移住」「テレワーク」への関心が高まる

東京一極集中のリスク(首都直下型地震、新型コロナ感染症など)

東京一極集中のリスク(首都直下型地震、新型コロナ感染症など)