当サイトを使用することにより、クッキーの設定および使用に同意したことになります。 詳細については、プライバシーポリシーを参照してください。
内閣官房・内閣府総合サイト 地方創生
LIFE STYLE移住者の暮らし

サーフィン、農業、やりたいことをやりたい時に

南 慶さん

PROFILE
南 慶さん

南 慶さん

大阪府豊中市出身。2021年4月に東京都日野市から徳島県阿南市に移住。

  • 移住時の年代:30代
  • 家族構成:妻、子ども2人
  • 移住スタイル:Iターン
  • 職業:会社員

お金がないと生活できないという価値観を手放す

「ストレスの多い都会での勤務とコロナ禍を経て、自分たちの生き方を見つめ直すようになりました。今後の人生、このままで良いのかと。自分の手と足でしっかりと生きたい、と思いました」。2021年4月に東京から阿南市に移住した南慶さん・智美さん夫妻は、移住を考え始めたきっかけについてそう語った。7歳の長男、4歳の長女と4人家族。長男の小学校入学を前に2020年6月頃から移住を検討し始めた。
「まずはお互いが何を大切にしているのか、それぞれの価値観、大事にしているものについて夫婦で話し合いました」。慶さんはサーフィンが趣味。智美さんは畑で野菜を育てたいと思った。そして、子どもたちを自然の中でのびのびと育てるスタイルの幼稚園に通わせていたこともあり、小学校も同じような学校に通わせたいという思いが強かった。
「移住を検討し始めた頃は、もちろんお金の心配はありました。東京ではお金がないと生活できない。でも、夫婦2人で徹底的に話し合っていくうちに、そんな不安は消えていきました。それまでとらわれていた価値観を手放したんです。お金に縛られた人生をやめようと。私たちが楽しく、やりたいことをやっている姿を子どもたちが身近で見ていたら、子どもも人生を思いっきり楽しんで生きていける。そう思うようになりました」と智美さん。

遊ぶ息子と寛ぐ南さん

候補地を訪ね、人の温かさに触れる

慶さんは大阪府、智美さんは三重県出身。徳島県とは縁もゆかりもなかった。日本各地、さらには海外なども移住候補地に挙がったが、夫婦それぞれが大事にしたいことを徹底的に話し合う中で、サーフスポットが近くて、子どもたちに適した学校がある四国の2市町に候補を絞った。2020年9月に夏休みを利用して両市町を訪ね、役場の人に案内してもらった。「レンタカーを借りていたのですが、阿南市で脱輪してしまった時、近所の人がすぐに助けてくれて、人の温かさを感じました。市役所の担当者に紹介してもらった空き家は、周りに畑があって、住みやすそうでしたし、教育環境も阿南市の方がウチの子に合いそうだと感じました」と慶さん。智美さんもとても迷った上で、阿南市の家を見た時、この家で家族が楽しく暮らすイメージが浮かび、ここに住みたいと思ったそうで、東京へ戻る車の中で話し合ううちに、2人の考えが一致。阿南市への移住を決めたという。
東京・青山で海外販売の仕事をしていた慶さんは、移住を決めてから転職の準備を始めた。自分の生き方を見つめ直したことで興味を持ったキャリアコンサルタントの資格を取る勉強を始め、2020年12月に資格を得た。しかし、移住するまでに資格を生かせる新しい仕事に出合えず、希望する仕事があるのか、多少の不安はあったというが、移住後のご縁で若者の就職サポートの仕事に就くことができたという。半年間働いた後、もっと自然を楽しめる仕事をしたいと思い、以前から関心があった農業の仕事を探した。今は、キャベツやチンゲンサイ、ブロッコリーなどを生産する農業法人に週休2日の正社員として勤務し、農業に従事している。「東京では、青山まで電車で通い、残業することも当たり前。携帯電話に仕事の電話が何度もかかっていました。でも今はそんなことは全くなくなり、仕事のストレスを感じることはありません」と話す。

砂浜ではしゃぐ子どもたち

ストレスフリーで好きなことに打ち込める

智美さんは、「東京とは空気が全く違っていて、たとえば洗濯物を干す時、『ああ、自然の中で暮らしているなあ』と感じます。自然の恵みをいただいていることを実感する毎日です。やりたい時に、やりたいことができます」と。車で20分圏内に病院もスーパーマーケットもあるため、いざという時の不安もなく、生活する上で困ることはないという。
慶さんは、子どもと一緒にスケートボードやサーフィンを楽しんでいる。子どもの小学校の友達に影響を受けてスケートボードを始め、地元の大会にも参加した。「次は良い成績を残したい。サーフィンの大会にも出てみたい。農業とサーフィンとで体力がつき、すごく元気になりました」と、にこやかに語る。智美さんも、無農薬でサツマイモ作りなどに挑戦している。仕事や生活のストレスがなく、自分の好きなことに打ち込むことができる充実した日々が、家族に笑顔をもたらしている。

自然を楽しむ南さん家族

(2022年12月9日取材)

地図から探す!日本全国移住関連情報リンク集移住のてびき

この記事をシェアする

LIFE STYLE移住者の暮らし